VOICE
先輩からのメッセージ
 
 

File/1

安藤倫也

Tomoya.Ando

青果部門

これが私の仕事

お店の要
青果部門を担当しています。
青果というのは、スーパーマーケットにおいて非常に大事な部門だと思っています。 なぜなら、メインディッシュは、肉・魚と日々変わりますが、野菜は毎日使うからです。 「このお店の野菜を毎日食べたい」 そう思ってくださるお客様が一人でも増えるよう、しっかりとした鮮度管理、売場作りを心がけています。

だからこの仕事が好き!

お客様のために
お店で、くじ引き大会を開催した際、自分がその運営を任されました。 入社してからまだ日が浅かったので、無事にできるか不安でした。 しかし、はじまってみると当たったお客様も、外れてしまったお客様もとても楽しそうで、その様子をみてはじめの不安はどこかに吹き飛んでいました。 ステーキが当たったお客様は興奮して僕にハイタッチ!私も自分のことのように喜びました!! こういう体験は、この会社でないと味わうことができない良い体験だったと思います。 

私がこの会社を選んだ理由

良いお店を自分でつくる
学生時代にスーパーマーケットでアルバイトをしている中で、お客様と直接触れ合えるこの業界で働きたいと思うようになりました。
さまざまな会社がありましたが、人件費削減、低価格化を重視する会社が多い中、お客様へのサービスに重点を置いている「三河屋」に興味を持ちました。お客様に満足していただくには、価格も大事ですが、品揃えの豊富さ、サービスの手厚さ、独自のイベントなど、他社とは違うことでお客様に喜んでいただく要素があることが大切だと思いました。そして、それらを自分で考えて提案できる会社が「三河屋」です。 その点に魅力を感じ、この会社を選びました。

 
 

File/2

日高彰吾

Syougo.Hidaka

一般食品部門

一般食品部門 での売り場作り

一般食品部門で主に雑貨を担当しており、商品発注、売り場作り、商品の価格変更などをやらせていただいています。

いかに商品を買っていただける売り場を作るか

あまり売れていない商品の陳列の仕方、陳列する位置、売価などを自分で変更してみて、変更前よりもよく売れるようになった時がとてもうれしく感じました。商品の出す場所、出し方1つ変えるだけで売り方が大きく変わっていくのは、この仕事の面白さの1つだと思っています。

自分が成長できる環境

新入社員でも様々な事にチャレンジさせてもらえるといった話を聞き自分の成長につながるのではないかと思いこの会社を選びました。実際自分から提案をした事はやらせてもらいますし、提案しなくても新しいことに挑戦する機会をどんどん与えてもらえるので、自分を磨くことができる会社だと感じています。

これまでのキャリア

研修社員(レジ・一般食品部門)

一般社員(一般食品部門)

これが私の仕事

陳列にもこだわります
品出し、成型、焼成、仕込み、サンドイッチと担当が分かれている中で、私は主に成型と仕込みをしています。
また、お客様が手に取りたくなるような陳列の仕方、配置を考えて売場作りをしています。

だからこの仕事が好き!

お客様に喜んでいただけること
自分が成型したパンを「美味しい」と言っていただいたり、「また買いに来るね!」と喜ばれたときが、何よりも嬉しいです。
お客様に喜ばれることにより、自分のモチベーションが上がります。

私がこの会社を選んだ理由

お客様との距離が近い
食に関する会社に興味があり、その中でも三河屋は地域に密着しており、お客様との距離が近いと感じこの会社を選びました。
また、私は大学の4年間で栄養について学んだため、その知識を活かし食に関わりたいとも思ったからです。

 
 

File/3

堀恵美

Megumi.Hori

惣菜部門

私の仕事

惣菜部門のベーカリーで成形、焼成、品出し、サンドイッチのポジションがある中で、私は主に焼成をしています。お客様が美味しそうと見え、思える焼き色(見た目)を目指して窯の前で奮闘しています。

1番うれしかった事

ベーカリーの商品を心待ちにしていただけるお客様が見えるということがとてもうれしいです。お客様の声1つで私のモチベーションも上がります。

この会社を選んだ理由

先輩がこの会社に就職されていることを知り、興味を持ちました。他の部門の方々とも関わり刺激を受け合いながら、それぞれのお客様のニーズに合う商品(パン)を提供していきたいと思いました。

これまでのキャリア

名古屋製菓専門学校卒業後、三河屋に入社

 
 

File/4

井上七海

Nanami,Inoue

青果部門

 私の仕事

私は青果において品出しや袋詰め等の加工作業の他、店内に出ている野菜果物の品質管理を行っています。そして商品についての知識を身に付け、お客様にどういった調理法があるかなど説明できるようにしています。

1番うれしかった事

私が1番うれしかった事は、お客様に新しく入荷した商品をお勧めさせていただいた時に、後日お客様から直接「おいしかったよ」とおっしゃっていただけたことです。お客様に笑顔でまた来店していただけることが何よりも嬉しいです。

この会社を選んだ理由

私がこの会社を選んだ理由は、最初は内装のおしゃれな雰囲気に惹かれたからです。今は商品の陳列や盛り付け方を考えたり上司やパートさん達と協力しながら仕事をすることが楽しいです。

これまでのキャリア

私が三河屋に就職してからたくさんのことを経験しました。中でも1番思い出があるのが月に1回のこども店長と言う企画です。青果に配属されてから2ヶ月ほどで青果内の進行をさせていただきました。最初は何をして良いか分からず自信もないので声も小さかったです。ですが上司に「進行は上手なのだから自信を持ちなさい」と勇気づけられたことで自信がつき、今では今月は何を話そうか、どういうふうに進行しようかなと考えることが楽しいです。

 
 

File/5

水谷和広

Kazuhiro.Mizutani

船町店・店長

スーパーマーケットの店長は多忙で多幸

主に店舗の運営上での全般の管理と統制を行い、会社とお客様をつなぐ「店」の指揮者的存在。「楽譜」が会社の理念なら、それをどう演奏するかは店長次第。いろいろな業務もありますが、自分が運営管理した店での、お客様からの感謝や喜びの声を一番に受けるのも店長です。

「あんたがおるで、この店に来たで。」

店長としていろいろな店を回っていると、常連顧客はいるもので、他の店に異動したにも関わらず、「おはよう、店長っ!」という聞き慣れた声が聞こえる。見ると前の店には常連のおばあさん。「あんたがおるで、この店に来たで。」と元気な声をかけてくださり、以後もよく来店していただけます。商売だけではなく、人としてのつながりに価値を見出して顧客になって頂けた事に感謝しました。

新しい取り組みに前向き!

この会社は新しい取り組みに前向き!他社でお客様に喜ばれでいる事なら取り組み、他社でもやって無い事でもお客様や会社にとっていい事なら取り組む。「先ずやってみる!」というチャレンジをし続けるのが強味。又、やる気のある社員は部署・役職にどんどん登用していくのも魅力。

これまでのキャリア

・他社より転職し青果担当者として勤務
・同店にて店長職を賜り、その後新店舗OPENなどにも携わる。
・平成26年7月、MK船町店リニューアルOPEN店長として現在に至る。

 
 

File/6

久清勝

Masaru.Hisakiyo

犬山店・店長

これが私の仕事

お店の売り上げ利益を伸ばすことですが、その為には地域のお客様がMikawayaをご利用していただき満足していただけるように日々考えています。またお店で働く従業員を指導、教育することも店長の仕事です。

だからこの仕事が好き!

お客様のご意見用紙に商品要望の記載があり、お店で取り扱いした後に「取り扱ってくれてありがとう!買物に来た際にご利用しています。」とのお客様からの返答記載が届きました。直接お客様にお会いしていませんが、とても嬉しく思いました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

特に希望する就職先はなく、学校で三河屋の募集掲載があり、自宅からも近くどんな会社なのか知っていたので面接に行きました。入社1~2年はがむしゃらに仕事してました(笑)。当時を振り返ると自分自身の成長にもなりました。

 
 

File/7

鳥居伸宏

Nobuhiro.Torii

惣菜バイヤー

これが私の仕事

人事異動に伴い惣菜バイヤーとしてスタートしました。
今まで約30年で鮮魚担当から店長を任され店舗での業務が中心でしたが現在は惣菜バイヤーとして日々勉強し店舗の売上を上げるよう商品調達、商品開発をメインに行なっています。
惣菜はお客様が購入しそのまま食べる商品ばかりですので味付け、見た目、ボリューム、価格に安心・安全を意識しています。

だからこの仕事が好き!

これまでは店長として店舗勤務の為、直接お客様と接する機会が多くあり
ここの○○は美味しいね!
ここは○○の種類が多くていいね!
このボリュームでこの価格は、すごいね!
など、お客様からのお褒めの言葉を頂いた時が一番の喜びです。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

転職するにあたり、三河屋を選んだ理由はやればやっただけ評価してもらえる事です。
自分の持っているものを出せる会社だと感じたからです。
そして、あまり型にはまらず自分自身で考え行動し結果を残すことが出来る会社だからです。

これまでのキャリア

今までの店長経験を活かし常にお客様、店舗の事を考え支持され喜ばれる売場・商品作りを目指していきたいと考えています。
特に魚に関しては多少の知識もあり惣菜メニューとしての幅を増やして美味しい商品作りをしていきます。
今後ますますスーパーにとって惣菜は重要な役割を果たすと感じていますので部門をまとめ業務を進めていきます。